<石狩の心やすらぐ癒しサロン あなた色のハーモニーの世界へ>

札幌,石狩,女性のための心身調和サロンです

Graceさくらとは

Graceさくらとは

Graceさくら紹介


Graceさくらの入り口の看板には、

「Grace reconnection」

という文字があります。

Grace reconnection
祈り(優雅) 再結合

人は生まれる時もこの世を去る時もひとりですが、
本当はみんなひとつです。

ひとつだと感じる時は、どんな時でしょうか。

チームがひとつにまとまって勝利した時、共に抱き合い喜びます。
応援していたチームが勝利した時、知らない人とも手を握り合い、
歓喜の声をあげます。
合唱できれいなハーモニーができあがった時、何とも言えずとても気持ち良いよいものです。
楽器の演奏でふくれあがるような調和の音を聞いた時、
それを共有した人たちは何とも言い難い幸せな気持ちになります。

何かでみんなが、又は二人が、心ひとつになった時、
私たちは言葉で表現しきれないくらいの喜びを感じます。
そこに言葉は必要ないのかもしれません。

「心がひとつになる」ときの気持ちは、
何の説明もいりません。

私たちは、
家族、住居、部屋、クラス、会社、国、年齢、性別、
ありとあらゆる「区別」の中に毎日身を置いています。
なので常に「自分」と「自分以外」を分けて考えます。

分ければ分けるほど孤独になり、幸せでなくなります。

「一人が好き」という人は、本当に一人になりたいのではなく、
みんなとひとつになりたいのに、社会は思うようにはならないからです。

本当はみんなひとつになりたい。
理由は必要なく、みんなわかっているのだと思います。

だって、ひとつになるとき、言葉はいらなくなるから。
説明がいらないって「真実」と思います。

頭でわからなくても細胞がわかっています。

ひとつになるって、
みんなが同じ気持ちになることとは違って、
相手のことがわからないままでもいいのだと思います。
みんなそのまま。

「自分のことをわかってもらえない」のは当然です。
誰一人同じ人はいなくて、同じ考え、同じ気持ち、同じ意見を言う人がいたら、自分はいりません。
みんな違うから自分も生かされます。
個性があるから違う人との刺激で磨かれます。

だから、
言い聞かせたり、ねじふせたりせずに、
優雅に、祈るように、みんな元々の、ひとつになれたら、嬉しいです。



a:3721 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional